駅伝

田澤廉(青森山田)の成績を紹介!進路先の大学や彼女について

田澤廉(たざわれん)選手は、青森山田高等学校の駅伝の絶対的エースです。2017年の全国高校駅伝では1区を走り4位に輝きました。2018年は区間賞を狙えるのではないかと言われています。

5000mの高校生ランキングは9位!

ぴよ太
ぴよ太
この競技は留学生が圧倒的に強いよね!日本人としてはの順位はどうなの?

はい、田澤選手は日本人トップなんですよ。2018年のニューイヤー駅伝で区間賞を獲得した遠藤日向選手(住友電工)に迫る程の記録の持ち主なんです。

ぴよ太
ぴよ太
遠藤選手と言えば5000m国内最強の選手だよね!

そうなんですよ。その選手に迫る記録を持っているんだから大いに期待出来るでしょ!

田澤選手は、2018年アジアジュニア陸上競技選手権大会の5000mでは2位に入るなど日本の高校陸上界を引っ張る存在なんです。ただ、全国高校駅伝や全国都道府県駅伝ではまだ区間賞を取ったことがありません。

高校最後の今年、間違いなく区間賞を狙ってくるはずです。そのスピード感ある走りに是非注目して下さい。

ここでは、そんな田澤選手のプロフィールや経歴、兄弟について、進路はどこなのか、そして気になる彼女についてご紹介します。

田澤廉選手ってどんな人?

いかにも青森県の人って感じの素朴な少年なんですよ。都会に染まっていない感じで好感持てるでしょ?

でも負けず嫌いです。アジアジュニア選手権で2位という素晴らしい成績を残したにも関わらずこんなことを言っています。

そうやって常に優勝を目指す気持ちがあるからこそ日々成長しているんでしょうね。後半伸びる持久力もこの選手の大きな強みなんですよ。

2018年の全国高校駅伝では一番距離の長い1区を担当するのではないかと言われています。ちなみに2008年の大会よりこの1区は外国人留学生が出場できない規定になっています。日本人エース同士の戦いで田澤選手がどのような走りを見せるのか、今から楽しみですね。
特に後半他の選手が疲れが出る頃にダッシュするその走りに注目です。

次に、田澤選手のプロフィールと経歴についてご紹介します。

田澤廉選手のプロフィールと経歴について

プロフィールについて

名前:田澤廉(たざわれん)
生年月日:2000年11月11日
出身地:青森県八戸市
血液型:不明
身長:176cm
体重:59kg
所属:青森山田高等学校

田澤選手が生まれ育った青森県の県民性は「芯が強い」「頑固」だそうです。確かに田澤選手の走りを見ていると「芯の強さ」を感じます。常にトップを狙うその姿には頑固さも見え隠れしていますね。この性格だからこそ今後の成長が大いに期待出来ます。

経歴について

3位(2015年東北中学校陸上競技大会3000m)
18位(2015年全日本中学校陸上競技選手権大会3000m)
20組4位(2015年日本体育大学長距離競技会5000m)
6区12位(2015年全国都道府県駅伝)
2区21位(2016年全国都道府県駅伝)
1区27位(2016年全国高校駅伝)
優勝(2017年兵庫リレーカーニバル3000m)
1区17位(2017年全国都道府県駅伝)
1区4位(2017年全国高校駅伝)
2位(2018年6月アジアジュニア陸上競技選手権大会5000m)
7位(2018年8月全国高校総合体育大会5000m)
6位(2018年10月国体5000m少年A)
9位日本人トップ:13分53秒61(2017年12月3日日体大長距離競技会)/2018年日本人高校5000mランキング)
5位(8分7秒04(2018年9月29日プレミアム・ゲームス・イン酒田)3000m歴代日本人ジュニアランキング)

田澤選手は、八戸市立是川中学校出身です。是川遺跡という縄文時代の遺跡群があることで有名な地域にある中学校です。自然豊かでのどかな場所です。

この学校のグラウンドでは毎年是川・縄文の里健康マラソン大会が開催されています。きっと田澤選手も出場して上位でゴールしたんでしょうね。東北地方の割には雪が少ない八戸市ですがそれでも年間降雪量は248cmほどです。

そんな厳しい環境の中で中学時代から優れた成績を残している田澤選手は努力の人でもあるのでしょう。

中学時代の田澤選手は、既に東北地方では3000mで有名な存在で、2015年の全日本中学校陸上競技選手権大会3000mにも出場するほどの走りを見せています。その成績は18位ではありましたが将来を期待される存在だったのです。

その後、田澤選手は私立青森山田高等学校に進学しました。2017年の兵庫リレーカーニバル3000mでは優勝します。とりわけ成績が上がったのは2018年シーズンでした。6月に開催されたアジアジュニア陸上競技選手権大会5000mでは2位に輝き、大きく注目される存在になります。

8月の全国高校総合体育大会5000mで7位に入りました。

10月の国体5000m少年Aでは、6位です。

同じく10月に行われたプレミアムゲームス・イン酒田の3000mでは見事に優勝現在乗りに乗っています。

田澤選手の5000mの自己ベストは13分53秒61!青山学院大学の駅伝部のエース森田歩希選手の自己ベストを高校生で既に上回っているのが凄いですね。その潜在能力は驚くべきものがあります。

2018年の全国高校駅伝での成長した走りを見るのが楽しみです。もちろん、大学に入れば箱根駅伝、そしてその先にオリンピックがあります。いつかオリンピックでその走りを観ることが出来るのではないか、そんな期待が湧く素晴らしい選手なんです。

では、次に田澤選手の進路についてご紹介ます。

田澤廉選手の進路について

進学先は駒沢大学ではないかという噂が流れていますが、まだ駒沢大学から正式な発表がありません。決まりましたらまたご紹介しますね。

次に田澤選手のご兄弟についてご紹介します。

田澤廉選手のご兄弟について

田澤選手には2歳下の弟さんの駿さんがいます。

顔も走り方もそっくりですよね。青森県高校新人陸上競技対校選手権で3000m障害予選で6位、日本体育大学長距離競技会組で37位に入るなど懸命にお兄さんの姿を追いかけているところです。近い将来、兄弟対決が見られるかもしれませんね。

では次は彼女についてです。田澤選手というトップアスリートに彼女がいるのか気になりますよね!

彼女はいる?

残念ですが彼女についての情報は見つかりませんでした。案外同じクラブの中にいたりするのかな?

真相は分かりませんが、純朴そうな田澤選手ですから、きっと女性にも好感を持たれていることでしょうね。

最後に

一度もつかんだことのない区間賞を次の全国高校駅伝で手にしてくれることを期待しています!

田澤選手は、現在の高校陸上界だけでなく日本の陸上界きっての逸材と言えます。その成長は目覚ましく、大学に進学すれば必ず箱根駅伝でスターになれる選手でしょう。

しかし、その前に全国高校駅伝での活躍が楽しみです。2018年シーズンは好成績が続いているだけに大きな期待が持てます。昨年は区間4位でしたが、今年こそ区間賞を狙って走ってくれることでしょう。

おそらく最長距離の1区でその勇姿が見られるはずです。後半一気にスパートする田澤選手の走りを楽しみにしています。

田澤選手は、悔しさを知り、悔しさを糧に成長出来る選手です。これからも成長して行ってくれるでしょう。

全国高校駅伝で終わりではありません。その先に待っているのは大学駅伝であり、オリンピックです。是非日本の輝く星となってこれからもファンを楽しませて下さい。

しっかりと応援していますね!